Back to All Events

沖野修也 presents MISSION

mission.jpg

OPEN : 18:00 START : 21:00 CLOSE : 4:00

SELECTOR : 沖野修也

沖野修也が GINZA MUSIC BARで始めたイベント "MISSION"。

2015年4月に発売された KYOTO JAZZ SEXTETのアルバムと 同じタイトルであることからお察し頂けると思いますが、 DJのキャリアをスタートして30年の中で培ったジャズのグルーヴを踏襲しつつ、踊れるジャズだけでなく、厳かにお楽しみ頂ける正統派ジャズなど『JAZZ』をキーワードに選曲致します。

"MISSION" is an event that Shuya Okino from Kyoto Jazz Massive started at Ginza Music Bar. The title was named after the album of his new project Kyoto Jazz Sextet. At this event, he creates his unique grooves cultivated in his 30 years career playing from classic jazz to club jazz.

そもそも クラブ・ジャズとは 踊れるジャズと ジャズに影響を受けたダンス・ミュージックの総称。

そこで、 クラブ・ジャズDJとして活動してきた沖野修也が ジャズに影響を受けたダンス・ミュージックを封印し、敢えて踊れるものから踊れないものまで、”ジャズ"に 特化したイベントを打ち出します。

ハード・バップやファンキー・ジャズ、モード・ジャズを中心に 70年代〜80年代に作られていながら それらの後継的なジャズまで。 沖野修也氏の活動の中で数年に1回やるかやらないかの ジャズ・セットをGMBでお楽しみ頂ける貴重なイベントとなっております。

39387266_1910328348989901_5878987643202568192_n.jpg

沖野氏のメッセージ

『お酒とお洒落が大好きな 大人の 皆さんの為に。 初心者も大歓迎。 ひたすら聴き込んで飲むも良し。 誰かを口説くBGMにしても良し。 勿論、踊れるジャズをカウンターやソファで聴きながら、踊りたい欲望を身体の中で弄ぶも良し・・・。かつて銀座の3丁目のテラスに 毎月集まって頂いていた皆さんにもお越し頂きたいなぁ。 今度は7丁目で お目にかかりたいと思います。』

沖野修也(KYOTO JAZZ MASSIVE/KYOTO JAZZ SEXTET)

音楽プロデューサー/選曲家/作曲家/執筆家/ラジオDJ。KYOTO JAZZ MASSIVE名義でリリースした「ECLIPSE」は、英国国営放送BBCラジオZUBBチャートで3週連続No.1の座を日本人として初めて射止めた。2017年6月、ジャズ・プロジェクト、Kyoto Jazz Sextetのセカンド・アルバム『UNITY』をブルーノートよりリリース。同年フジ・ロック・フェスティバル~Field Of Hevenステージに登場。2018年7月にはDJとして名門モントルー・ジャズ・フェスティバルにも出演を果たした。現在、InterFM『JAZZ ain't Jazz』にて番組ナビゲーターを担当中(毎週日曜日16時)。有線放送内I-12チャンネルにて"沖野修也 presents Music in The Room"を監修。GQ Japanオフィシャル・ブロガー。

Shuya Okino (KYOTO JAZZ MASSIVE)

Shuya Okino is a music curator, songwriter, author and the owner of the renowned music venue The Room, in Tokyo.

He is the leader and founding member of KYOTO JAZZ MASSIVE. KYOTO JAZZ MASSIVE first made history as the only Japanese artists ever to have a single at No.1 on the BBC Radio ZUBB chart for 3 consecutive weeks with 'Eclipse'. Since then KJM have gone on to become one of the most influential groups in the crossover scene worldwide and Shuya has performed in over 40 countries and 140 cities.

In 2009 Shuya released his first solo project 'United Legends', given this title as it brought together legends in crossover music such as Josh Milan, Dego, Yukimi Nagano and Piranhahead.

His second solo album 'Destiny' included the Royles Royce cover 'Still in Love' featuring Navasha Daya, which is still a festival anthem 9 years later.

“RUNAWAY~Boogie grooves produced and mixed by Shuya Okino” produced next reached No.1 on the iTunes Dance Album chart.

As an illustrator he held a jazz portrait exhibition at Tsutaya Book Store in Daikanyama, Tokyo.

Shuya is currently the program navigator for “JAZZ ain’t Jazz” on InterFM897 and a GQ official blogger.


Later Event: September 28
In House Selector